美容ノウハウ!コスメティックinfo

Read Article

ヘアカラーと年齢の考えかた

もうそろそろ、若作りは止めなければならない年齢かもしれません。

たまに私も目にするのですが、
明らかに年齢に無理があるファッションをしている方がいます。

男性ならまだ許されるような気もするのですが、
女性となると目をそむけたくなることもあります。

ずっと明るい茶髪にしていました。

仕事で注意されることもなかったので、
問題なく同じへアカラーをしていました。

でも、あんまり年齢が上がってからそれをやることは、
やはり素敵ではないかもしれないと思っています。

もう少し落ち着いた深い茶色か、若しくは白髪染めですね。

もちろん、私も若いころは結構いろいろ
ヘアカラーにこだわっていました。

美容室に行ってヘアカラーをすればそれなりにお金かかってしまう、
そんな事から私はつい先日より自分でヘアカラーを始めたのです。

もちろん初めはかなり仕上がりが悪く、
自分の中でも納得がいかないもの続きでした。

そんな私も頑張ったおかげで
かなり腕を上げてうまくカラーできるようになってきたのです。
その理由は、恋人が元美容師という事もあり、
技やコツをいろいろ教えてもらったのです。

もちろんそれによって私は凄く刺激されました。

そこからは私は自分でヘアカラーをすることを続けていきました。

いつかは人の髪の毛も染めれるくらいになればいいなと思っていましたね。

その後は腕を上げて友人やその後結婚した主人の髪も染めるようになりました。

コツさえ分かれば市販のヘアカラー剤でもキレイに染めることは十分に可能です。

話は大きくそれてしまいましたが、
そんな私でも今では落ち着いた色味を好んでいます。

Return Top