美容ノウハウ!コスメティックinfo

Read Article

夏のカラカラ砂漠肌は水分でケア

夏のお肌は紫外線・エアコン環境・汗・寝苦しさからの睡眠不足・乾燥・・・と、とにかくストレスフルです。
紫外線を浴びると、肌がメラノサイト(メラニンを作る色素細胞)を作り出し、シミに繋がってしまいます。

それを防ぐためには、メラニンが出来た古い皮膚細胞を捨ててゆかねばなりません。
カラカラの砂漠のように乾き、疲れきってしまった肌細胞を優しく潤して、新陳代謝を手伝ってあげましょう。

一番大切なことは化粧水でゆっくり、たっぷりとお肌をほぐしてあげることです。
お肌が潤っていないと、せっかくの美容液も皮膚に浸透しづらくなるので、何度もたっぷりと化粧水をつけてあげることが大切なのです。
もし、冷蔵庫で化粧水を冷やす場合には、使ったらすぐしまうなど温度変化に気をつけ中身の変質を防ぎましょう。

化粧水を手に取り、2~3回手でお肌を包み込むようにつけてあげます。
コットンパックも非常に効果があります。
この時、日焼けしやすい首やデコルテなど襟元も一緒にケアすると良いでしょう。

たっぷり潤ったら、美容液、乳液をつけます。
お肌が有効成分をたっぷり吸収するためにも、砂漠肌を潤してから使ってみて下さいね。
夏が過ぎてもしっとりうるうるのお肌を実感できるはずですよ!

Return Top