美容ノウハウ!コスメティックinfo

Read Article

手もお金もかけすぎない手入れ

先日会社の先輩に誘われて、デパートにあるある化粧品ブランドのお肌診断を受けてきました。
私は、肌年齢が実際より10歳以上若いと診断されました。
何か肌トラブルの悩みはあるか?と聞かれたんですが、特にないので早々とコンサルを切り上げることができました。
その後、先輩とお茶をすることになって、普段肌の手入れはどうしているの?と質問されました。
実は私、子供の頃から敏感肌で、ちょっと変わった石けんを使うと赤く腫れたり、高校生くらいになって化粧水をつけようにも、肌がぴりぴりして、ほとんど何もつけることができなかったんです。
さすがに、大学生になると日焼け止めを塗りたいし、少しはお化粧もしたいので、皮膚科に相談にいきました。
その際、肌のパッチテストのようなものをいくつかやってもらったあと、日焼け止めは、お子様用のものから使いはじめ、徐々に肌をならしていくこと。そして化粧品に関しては、自然派化粧品の中からいくつか試して、長時間つけっぱなしにならないようにすること。洗顔をしっかりすることというのを教えてもらいました。
以来、外出する時は、今でもお子様用の日焼け止めをつかってるし、自然派化粧品のファンデーションを重ねづけし、帰ったらすぐぬるま湯で、石けんを使わず洗顔するようにしています。
そんな話をしたら、いろいろな化粧品を使わないことがどうやら肌のコンディションが良い秘密なんだねなんて先輩は勝手に分析していましたが。
手もお金もかけすぎない手入れというのもありだなと今は思っています。

Return Top